ウクライナ問題から、日本の核戦力共有を考える

ウクライナで始まった、プーチン大統領の侵略には目に余るものがあります。
アメリカを始めとするEU各国には、軍事力による手立てがないため、
「SWIFT」の行使による経済制裁や、国連緊急特別総会の「ロシア非難決議」が唯一の手立てです。
しかし、プーチン大統領は、こうした軍事力による武力行使がないことを背景に、
「核兵器」の利用をちらつかせています。今回は、安倍元総理の核戦力共有にも言及します。